驚きと感動のノベルティ
2019年8月15日 ノベルティは印象が強いものが良い

ノベルティは印象が強いものが良い

同じノベルティでも印象に残りやすい物だとより企業や商品に興味を持ってくれる確率は高まり、よく使われているアイテムでも色や模様などが斬新でお洒落だとイメージに残りやすいです。

印象が強い物を配布する企業だと、そのままインパクトがある商品を販売しているのではないかと企業に対しての興味も持ちます。全ての人を対象して配布する場合と、対象者を絞り込んで配布することがあり、女性向けや若い年代など宣伝した商品やサービスで違いますが、女性向けだと女性が好きな物、若い世代なら若い人が好む物を用意します。するとより商品などに興味を持ってもらいやすいです。

全ての人が対象な時やターゲットを絞る場合も、チラシだけだと安価ですがそのまま捨ててしまうことも多いです。ノベルティだと一度手にとってもらえるのでより効果的です。興味を持ってくれれば使ってくれ、書かれた企業名なども認知してくれます。配布する時期も大切で企業や商品、サービスにイベントなどの宣伝で不特定多数の人へ配布する以外に、イベントや会場に来場してくれた方にも配ります。

来場してくれている方は既に商品やサービスに興味があるので、来場のお礼と商品やサービスを勧める意味も込めて新たにノベルティを配り、企業や商品の認知を行う時以上に質が高いグッズにすることでより喜んでもらえて購入へと繋げる効果も期待出来ます。既に商品などを購入した方に対して配る場合、割引きやクーポンなどをセットにしたノベルティもあって、企業が既存の顧客を大切にしている気持ちやお得感を感じられるため、リピート購入を使用かと迷っている顧客に買うきっかけを作れます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *