驚きと感動のノベルティ
2019年3月31日 食べることができるノベルティ

食べることができるノベルティ

企業や学校での記念に配られるノベルティというと、社名等の印刷された文房具や小物を思い浮かべる人は少なくありません。

実際に製作する側になると、文房具や小物は搬入もしやすく単価も安いというメリットがあります。一方、どこでもよく配られているという印象があるという人もいるでしょう。よく使われるということは、それなりにメリットがありますが印象的なものにしたいのなら他と違うものにしてみるのもオススメです。周りと違うノベルティといっても、極端に大きな置物や高額な商品だと搬入や費用の面から敬遠されがちです。

その中で軽くて持ち運びがしやすく、もらう側も気軽という手頃な価格のノベルティも色々あります。手頃で周りと違うノベルティの一例としてあげられるのが、煎餅やクッキーなどの菓子類です。他の菓子類でもかまいませんが、ポイントはあまり重くないものを選んでおくことです。同じ食品でも何十個も用意するとなると、運ぶ際の手間も考えておかなくてはいけません。煎餅やクッキーでは、市販のものと変わらないという印象を持っている人もいますが心配ありません。

業者に依頼して、社名やマークを焼印として施してもらうことが可能だからです。気を付けたいのは、焼印を作る場合はある程度個数が多くないと単価が高くなってしまうということです。焼印より安く社名などを入れたい時は、食品専用のプリントを選ぶという手もあります。食用インクを利用したプリントで、クッキーなどの表面にカラフルなイラストや文字を印刷することが可能です。食べたらなくなってしまうノベルティですが、確実に印象に残すことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *